忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    整体と聞くと、多くの人は体の歪みを正しい状態に戻す行為だと考えているようです。
    また、そのような単純な着眼で整体を行うところが多いものです。
    しかし、高度な整体は、曲がっているものを、ただ直すような単純な板金術ではありません。

    整体の目的は、全力を出し切ることができる心身の状態にすることです。
    歪みを正したり、病気を治したり、痛みをとることがテーマではありません。

    全力を出し切るというのは、実は難しいものです。
    とくに、自分自身を、病気だとか、体が弱いとか、そのような状態と思い込んでいる人に、全力を発揮させることは難しいでしょう。

    ところで、たとえそのような人でも、自分の家が火事になったら、無我夢中ですごいことができるかも知れません。
    火事場の馬鹿力といいますが、そのときの状態がいわば「整体」です。

    病気の人でも、体の痛い人でも、そのときはすごい力を発揮する。

    無我夢中だからすごいことができるのではなく、
    むしろ、その人の常の意識状態が、体を使い切らない方向へ固着しているのではないでしょうか。

    つまり、整体とは究極的には無意識の意識改革を伴うものです。
    そのきっかけとしては、手技ばかりでなく、火事のような状況刺激でもよい。

    そして、全力を発揮できなくなっている「思い込みのようなもの」をどう処理するかがもっとも重要です。
    矯正は、いわば心に対して行うもので、身体の歪みなど本当はあまり重要ではないのです。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    産後の骨盤補正 HOME 乳房マッサージ 骨盤のために
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]