忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    妊娠中に腰痛を経験する人の割合は半数以上と言われています。

    しかし、ほとんどは生活に支障のない程度で、何か治療を受けなければならないというケースは、そう多くないと思います。

    さて、腰痛の治療にみえられた妊婦さんに病歴を訊ねているときに、ちょっと妙なことに気付きました。

    過去に「椎間板ヘルニア」をした経験のある人がなぜか多い印象です。しかも、ある地域からおいでになる方に多い傾向があるのです。

    そこで、どこの病院でそういう診断を受けたのかと質問してみたところ、ほとんど同じ整形外科だということがわかりました。

    患者さんいわく、「私の友達も腰痛でそこに行ったら、ヘルニアだって言われたんです。あそこの病院は腰痛はなんでもヘルニアといわれると噂していました。」

    落語に、なんでもかんでも葛根湯(風邪などに処方される代表的な漢方薬)を処方する藪医者の話がありますが、葛根湯医者ならぬヘルニア医者の存在があるのかと、ちょっと可笑しくなりました。

    どんな症状で病院へ行ったのか、どんな検査をしたのかと質問すると、下肢症状はなく、ただ急に腰が痛くなって受診した。腰の単純レントゲン写真をとった。そしたらヘルニアだと言われたという話です。

    そのときに本当にヘルニアだったかどうか、わかりません。ただ、話の内容から推察すれば、譲歩しても「ヘルニアの疑いもあるね」くらいの表現が妥当で、「ヘルニアです」と断定するだけの根拠はなかったのではないかと思います。むしろ、ヘルニアではなかったのではないかというのが率直な印象です。

    さて、私が問題だと思うのは、その診断の正確性の話ではありません。むしろヘルニアと過去の診断された方の、ヘルニア経験呪縛が問題です。

    「過去にヘルニアをしたことがあるから、私は腰が弱く、つねに腰を庇ったり、注意が必要だと」いう潜在意識に縛られつづける現実です。

    この呪縛がために、きっと、他の妊婦さんと同様レベルの腰痛であっても、過剰に心配になり、治療に見える方の割合が多くなっている可能性も否定できません。

    そこで、究極的な私の仕事は、その呪縛を解くことです。

    あなたは、ヘルニアではなかった可能性が高いという私見とその根拠を説明します。

    そして、「ヘルニアと診断を受けたことがある人は、その記憶に支配され、いつまでも腰に自信がもてない。しかし、それは自分で自分の行動を制限している自縛行為。あなたはむしろヘルニアでなかった可能性すら高いのだから、もうそういう考えから心身を解放してあげましょう」と。

    インターネット環境にある方にはこんなブログを勧めたりしています

    心療整形外科 http://junk2004.exblog.jp/

     

     

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ヘルニアの呪い
    一度かけられた呪いはなかなか解けない。鍼灸師ハリポさんがTB(トラックバック)してくださいましたので、TBします。 病態生理に関する事実無根の概念を患者に押しつけ、治療に携わる医師の私的見解を患者に披露する複雑な治療行為の1要素である。患者はこれらの診断によって永遠に変えられるが、良いほうに変えられることはあまりにも少ないと博士は主張した。・・・・(FILE166) 次は2chからです。 こんばんは、経緯を書くと長文になるので省略しました。 最初に地元の整形外科でレントゲンを撮り、筋筋膜性腰痛と...
    URL 2006/11/04(Sat)07:37:35
    ヘルニアの殿部下肢症状の緩和法 HOME 骨盤が開いている 閉じている
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]