忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2018/12 01
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    MRIなどの検査を経て、腰椎椎間板ヘルニアと診断され神経ブロック注射などの治療を繰り返し受けたが、下肢の痛みなどの症状が一向に改善しない。

    試しに鍼でも受けてみるか。

    そんな感じで来院される方が時々みえられます。

     

    さて、左右のどちら側に症状があるのか。本人に質問しなくても動作をみれば見当がつきますが、もう一つ確立の高い判定法があります。

    正しくうつぶせになっていただき、左右の足の長さを比較します。経験からほとんどのケースで、見た目に長くなっている側が、シビレや痛みが発生している側です。

    痛みを庇っているからそうなのか、その人の動作の癖として、そもそも症状側にかあまり加重をかけない癖があったためか、判断に難しいところですが、とにかくあまり加重をかけていない現状はある。

    そこでというわけではないのですが、自分なりのいくつかの仮説を元に、このシビレが発生している側の足に、可能な範囲で加重をかけて生活するように指導する場合があります。

    すると、そんな単純なことが、劇的な効果につながることがある。

    いいえ、「ことがある」という確立の低いものではなく、結構な割合の方が、数日から数週間の間に、症状の軽減や消失に至っているのです。

    あまりにあっけなく効果があるので、内緒にして、「門外不出 一子相伝の技」としようかと思いましたが、臨床家の方で興味のある方に追試していただきたいと思い、書いてみました。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アルプスでクララを立たせるには HOME 妊婦の腰痛 椎間板ヘルニアの呪縛
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]