忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2018/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    当院には不妊症を理由に通院なさっている方が結構いらっしゃいます。

    皆さんそれぞれ婦人科にも通院されて、人工授精など様々な方法を試されています。

    さて、鍼灸は不妊症に有効でしょうか?

    鍼灸関係のレポートでは有効だとする報告が数多く見受けられます。私も経験から有効だと考えています。

    不妊症の方には 1)腹部が硬い 2)足が冷えている などの傾向が多く見られます。

    私はこういう状態を骨盤内の環境が悪いと表現します。いわば体の中の日陰があるイメージです。

    畑に問題がなくてもたまたま日当たりが悪いから作物が育たない。

    体の中の日陰とは、簡単にいえばそのエリアの血行が悪いということだといえます。

    腹部の硬さを改善し、下肢の冷えを改善し、骨盤内の日陰を解消する。血行を良くする。

    鍼灸は、きっとそんなことをしているのでしょうと患者さんに説明しています。

    治すのではなく、少しだけ条件を良くする。

    でも、その単純な違いが結果につながることが多いのです。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ストレスと症状 HOME 治すのではなく、治るように
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]