忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2018/04 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    女性の骨盤は生理などの周期によって「締まる」「弛む」を繰り返しますが、男性の骨盤はそのような顕著な変化はないと言われています。
    しかし、私は体験として、男性でも結構変わることを経験しました。

    先日、新たなスラックスを購入したのですが、これがウエストやヒップにピッタリのものなのです。
    ゆとりのあるものを好む私としては珍し選択でした。

    そのスラックスを数日はいて、ふと気づいたことがありました。
    「集中が良い」日は、スラックスが緩い感じがするのです。
    スラックスが緩いということは、つまり骨盤が締まっているということです。


    さて、「集中が良い」とはどのようなことか、その説明は難しいですが、スポーツなどで言えば「きわめて調子が良い感じの日」といった状態のことです。

    人の身体は、日々、コンディションが違っていて、同じことをしても出来が違うものです。
    スポーツなどでは、そのわずかな違いによって、タイムや結果が大きく左右されます。

    治療の分野も、施術者のコンディションはとても重要なものです。
    直ちに意識集中できるような状態では治療の質も向上します。

    それは例えば治療用の小さな椅子に腰掛けた時によく実感します。
    バッターやゴルファーが、立ち位置や体勢を調整するように、椅子に腰掛けて体勢を模索するときに、ぱっと「これだ!」とという体位(体勢)にきまる。
    日本の文化で言うところの「型にはいる」に相当することなのだと思います。

    それが素直にきまるような時には、骨盤が締まっている。
    それを実感させるエピソードでした。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    からだがととのう感じ HOME 産後の骨盤管理
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]