忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2018/09 10
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    2月6日のブログ 踵の痛み続き

    所見としては良くなっているが、本人は頑なに良くなったことを認めない。

    このままでは、本人が見切りをつけて、他を模索するだろう。

    経験上、効果は十分に上がってると確信している。

    そこで、心理的駆け引きをすることにした。こういうことも治療の一環である。

    「わかりました。私としては効果が上がっているといていますが、あなたがまったく良くなっていないとおっしゃるなら、その言葉を信じるしかありません。なによりあなたのお体なのですから、あなたのおっしゃる方が真実でしょう。今日で、治療を打ち切りましょう。効果が上がっていないなら、このまま継続するのは無駄です。」

    「えええ? もう1回受けてみます。それでよくならなかったら止めます。」

    「いいえ、効果を感じないなら、見切りも必要です。所見では、今までよりかなり良くなっていると確信します。しかし、このレベルでも症状の改善を感じないというなら、私の目指す方向性が間違っているということです。だとすればこのまま私の方針で続けても、自覚症状は変わらないでしょう。今日で止めましょう。」

    「ええ、でももう1回受けてみます。」

    「あなたがそうおっしゃるなら、ではもう1回行いましょうか。」

    それから3日後。入ってくるなり

    「奇跡です。症状がなくなりました。前回の治療のあとから症状がなくなり、装具もつけていません。なんで急によくなったのでしょうか」

     「急に良くなったのではなく、それまでの治療で少しづつ改善していたのです。でも、こういう症状は多少ぶり返したり、軽減したりすることがあるので、そのような経過が普通だと思っていたほうが良いでしょう。」

    何の変哲もないやり取りの中に、年季による駆け引きがあり、それは治療の方向性を左右する重要な要素なのである。

    この患者さんが、「よくなった」とひるがえったその理由がお分かりになるだろうか?

     

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    治すのではなく、治るように HOME 三穂田公民館気功講座録(2)
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]