忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2018/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    逆子(骨盤位)のお灸治療は、次の妊娠検診の数日前に行うと都合がよい。正確な効果の確認ができるからです。

    腹部を触れば、およそどのような格好でいるか見当はつきますが、超音波などで確認するのが確かです。

    私の経験からだけ述べれば、逆子のお灸で効果がある場合には、大抵の方は1回、2回で改善しています。治療の最中から、お腹で胎児がボコボコと動く実感があって、その動きは外から見ていてもわかるくらいのこともしばしばです。

    検診の結果は電話で連絡してもらいようにお願いして。逆子が治ったかどうか、把握するようにしています。この結果は、次の妊婦さんへの説明に反映させています。

    さて、骨盤の開閉具合という観点からだけ述べれば、逆子は骨盤が開きすぎている場合に起こる傾向を感じます。妊娠によって、少ずつ骨盤は開いてくるのですが、その開きがよすぎると逆子になる印象です。

    そこで、逆子が治ったら、ほんの少し骨盤を締めておく、ちょっとした工夫をすると良いのではないかと考えているところです。そういう工夫が必要か、どのような方法が適当か、まとまりましたらお知らせしたいと思います。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    食養生について HOME ゆるむ しまる 身体リズム
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]