忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2018/12 01
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    食養生について様々な方法があます。

    マクロビが良いとか、粗食が良いとか、どれだけ体に良いかが尺度のようですが、私にはあまり関心がありません。体に良いとか悪いとかいう基準で食を考えることに意味を感じないからです。

    依りかからない。偏らない。

    余計な概念から解放されていたほうがより健康だと考えます。

    健康法、養生法、なんでもそうですが、工夫をして「やっと健康です」というならば、工夫をしないと不健康の裏返しです。工夫によってどうにか保つ健康なら、結局のところ不健康だと思っています。

    私は、自分が美味しいと思うものを食べたい。それだけです。それは、必ずしも贅沢や美食を言っているのではありません。野菜でも肉でも魚でも、美味しいと思うものをいただきたい。

    そのために、体が必要とするものを「美味しい」と思える感覚を磨き、自身の感覚を信じる。

    玄米も食べます。ただ、体に良いと思っては食べない。今日は、こういうものが美味しい体の状態なのだと思うことはありますし、美味しく感じないときは食べないようにする。

    無農薬有機栽培だという能書きも、食べて美味しいと思えないなら、私には意味がない。もしも、美味しいと思えば、価格は関係ない。美味しい方が良いではないですか。

    私にとっての食養生とはこのようなものです。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    極意を語る(難解です。マニア向け) HOME 逆子と骨盤との関係
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]