忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2018/09 10
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    自然治癒力とかいわれていますが、治癒にむけて体が積極的な変化をみせるとき、この経過は実に巧妙です。

    足の外踝 (そとくるぶし) に、たびたび水が溜まる。そのたびに整形で抜いてもらっているが、水の溜まる袋ごと外科的にとってしまうことをすすめられているという患者さん。

    鍼灸治療を開始してまもなく、踝の腫れている頂点におできのようなデキモノができる。  (ちなみに、腫れている踝の部分には一切刺激をしていません。鍼灸における遠隔的な操作法をおこないました)

    数日後、おできが破れ、まもなくおおきなかさぶたになる。

    かさぶたが取れると、踝の腫れが小さくなっている。

    数日後、また、おできのようなものができる。

    数日後、おできが破れ.......

    結局、このパターンを3回繰り返す。3回目のかさぶたは、その下側に、残骸的な組織を有しており、この組織とともにかさぶたが脱落したら、踝の水腫はまったくなくなり、以後再発もない

    実は、過去に私が腕に火傷をした際も、これと同じような経過を経験していました。

    火傷の瘢痕がのこったのですが、この瘢痕の中に、ある日水胞ができて、数日しては破れる。破れると、瘢痕が小さくなっている。火傷から1年くらいの間に、そういうことが何度か起こり、繰り返すうちに瘢痕もなくなりました。

    健康に生きるためには、このような体の回復過程を乱さないことが大切だと思います。しかし、一般的な私たちの常識や治療行為は、治しているつもりで、実は乱していることも少なくないかもしれません。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    産後の体重 HOME 耳ツボダイエット その機序は?
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]