忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    子犬のようなかわいい動物を見て「ああ、癒される~!!」と言う場合には、ほのぼのするといことを言いたいのでしょうね。

    頭皮をマッサージされて、「あああ、癒される」と言う場合には、脱力的に気持ちが良い感じということだとおもいます。

    最近の「癒される」という表現には、ほっとする、ほのぼのする、弛む、脱力するなどのニュアンスがこめられているのだと思いますが、一方で、それは小休止の一時的の現象で、体のリズムやパターンを変えるほどのインパクトは持っていないという意味も感じとれます。

    だとすれば、治療の後に「癒された~」と感想を述べられても、あまりほめ言葉とはいえないのかもしれません。私の考える癒しとは、やや意味が違います。

    深夜の番組で、オーラの泉と言う番組があります。江原さんと美輪さんが「スピリチュアルカウンセラー」としてゲストと話をする。話は霊的な話題なので、本物だとか、ペテン師だとか様々な意見もあるでしょうが、私はそんなことはどちらでも良いことだと思うのです。あのような話題を通して、今まで抱いていた人生の問題などに、なんらかのインパクトと変化のきっかけを与えられる。それが癒しである気がします。

    ところで、治療をおこなっていても、あるレベルの癒しに遭遇することがあります。

    別に何の会話をしていたわけでもありません。治療中に突然涙が溢れてくる。本人もどうして涙が出てくるのかわからないけれどどうしようもない。心のトラウマの中には、身体の緊張として記憶されているものがあるのでしょう。ただのコリではなく、たとえば感情のしこりだった緊張。治療でこれが弛みだす。すると様々な解放現象が起こる場合があるのですね。

    それをねらって治療をおこなっているわけではありませんが、様々な心身のトラブルが、良い意味で変化するためには、そのような反応が必要なケースもある。

    癒しとは、自律的におこる継続的な変化だと考えています。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ゆるむ しまる(その1) HOME この病気は鍼灸で治りますか?
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]