忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    体の歪みというのは、車をぶつけて歪んでいるというのとはまったく違います。

    車が歪んでいると言う場合には、本来そういう形ではないのに、外力によって変形してしまった状態です。

    しかし、体の歪みというのは、簡単に言えば、たまたまそういう体位をとっているだけのことなのです。
    形としてはなにも歪んではいません。
    曲げることができるところを曲げているだけです。

    では、「体の歪みとはなにか」というと、ポイントは身体感覚と実身体の不一致ということなのだと思います。
    本人としては、「まっすぐ伸ばしている」と感じているのに、実際は体を曲げているという不一致です。

    つまり、歪みとは「身体感覚の歪み」と言えるわけです。

    そのように考えると、矯正とは形を修正することでないと言えます。
    身体感覚を、いかに実態に近づけるかがテーマです。
    曲がっているところを曲がっていると正しく認識できるように、感覚を補正することです。

    ありがちな、曲がってところを反対に捻るような、「板金的行為」は、本当の矯正ではないと考えています。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    チケット差し上げます HOME 産後の骨盤補正
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]