忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2018/06 07
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    70歳代の女性です。

    数年まえに車にはねられ、打撲、下肢の骨折などの怪我を負いました。

    本人の言い分では、そのときを境に、季節のわかり目などに喘息発作が起こるようになったといいます。実際に発作により病院へ通院されています。

    喘息といえば呼吸系の病気です。医学的に、事故と喘息の因果の説明は難しい。

    東洋医学でも、説明しろといわれると難しいのですが、臨床現場しては、「そういうこともあるのでしょうね」と肯定的な感想を抱いています。

    このケースの着眼点としては、骨折、打撲、手術痕などの古傷に、圧痛や冷えがないかを最初に調べます。

    もしも異常があれば、それを処理する。呼吸器だとかの前提は関係ありません。このようなケースでは、そういうことが効果につながります。

    次の着眼点として自律神経の働きを調整します。この場合、発作時には呼吸系の副交感神経の抑制を念頭にします。発作を起こしていない通常の時は、過剰興奮の系統を抑制するように治療します。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    一期一得 HOME 気功講座 
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]