忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2018/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    外科の手術なら、傷口はより少ないほうが良いし、手術に要する時間もより短いほうが上手といえます。

    これは鍼灸も同じことで、鍼の本数はより少ないほうが技術を要しますし、所要時間もより短くて効果があればそのほうがよいでしょう。
    私はそういう方向性で技術を洗練してゆく努力をしています。

    ところが、普通の方のニーズはすこし違った感覚であることが多いようです。

    鍼の本数はより多いほうがより内容が濃いと思われがちです。また時間も長いほうが丁寧だという印象になります。
    つまり、治療を量で判断する基準の発想が主流なのですね。

    先日も、「なるべくたくさんの鍼を使ってほしい」という希望の患者さんがいらっやいました。
    希望ですから、不可能でない部分についてはなるべくその意向にそえるような配慮はいたします。
    しかし、私にしてみればそれは「あえて下手な方法でやってください」と聞こえるのです。

    当院は所要時間で料金が算定される方式です。
    したがって、時間が長い場合には料金も比例して増えます。

    それは経営的には歓迎です。しかし治療の内容という面からみれば、簡潔に適当な時間で終えたものが一番良い。

    量を求める患者さんには、一応そいう言う話をさせていただいておりますが、それでもほとんどが手数、時間の多い方を選択なさるのが現実です。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    逆子のお灸 HOME ストレスと症状
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]