忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    当院は予約制ですから、当然、都合による予約の変更というのは受け付けております。

    しかし、常識を超えるような度重なる変更に関しては、場合によっては許容致しかねます。

    先日、当初の予定から数えて4回目の変更の相談がありました。

    毎回もっともな事情がおありなのですが、しかし少し考えると、前の予約変更の時点で、その事情はすでに予見できた話しと思われます。

    実は、このような予約変更を繰り返すタイプの方には、無意識が意図してそれを行っている場合があるのです。

    例えば、自分を印象づける行動として(いたずらで親の気をひく子供のように)、あえて行っている場合があると考えられます。勿論、本人にはそんな意識は全くありません。無意識の行動なのです。

    傾向としては独居で、知人が周囲に少なく、孤独感を感じているような環境であり、対面的にはとても礼儀正しく、律儀な印象を与えるような方にしばしば見受けられます。

    簡単に言えば「孤独感」があるために、自分により感心を持ってもらいたいのだと思います。



    「度重なる変更ですから、変更は今回までとさせていただきます。もしも次回、変更の必要があっても、応じかねます。当院では、そのような場合には以後の治療をお断り致します。」

    「....事情にかかわらずですか?」

    「以後、事情は考慮いたしません。このような度々の手数は迷惑です。円滑な運営の妨げになりますから。」

    「わかりました.....。」


    原点に返ってもう一掘り考えてみると、事情が発生して治療の予約が先延ばしに出来るのであれば、その人の抱える問題は、それほど「おおきなもの」ではないと考えられます。

    本当に苦痛であれば、少しでも早くに改善させたいでしょう。そういう場合にはスケジュールの優先順位も治療が最優先となるものではないでしょうか。
    少なくても、友人との買い物が優先ということはないでしょう。

    変更で何度も先延ばしして「嗚呼!、毎日苦痛でたまらないのです」などと訴えられても、その言葉を額面通りに受け取ることは出来ません。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    産後の身体 HOME お盆期間
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]