忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    不妊治療を経て出産し、2ヶ月目の方が「催乳」を希望して来院されました。

    妊娠中も定期的に来院され、その都度、必要と思われる施術を行っていました。
    筋力(姿勢を支えるインナーマッスル)が虚弱な方なので、妊娠の経過や、出産にそれが影響しないか若干心配だったのですが、妊娠中もトラブルなく、また出産もきわめて順調だったと言うことで、安心しました。

    診てみると、むしろ、妊娠前より身体の状態が良くなっています。
    私から言わせれば「別人」です。
    その姿を見れば、真から良い出産だったことが想像出来ます。
    産後直後から行っている骨盤固定もよい効果を発揮しているようです。

    退院時には妊娠前の体重に戻り、現在は妊娠前との比較でマイナス4キロだそうです。
    その体重の減り方などから、おそらく、母乳はほぼ十分に出ていると考えました。
    検診時に、赤ちゃんの体重の増加が緩慢だったので、母乳不足が指摘され、それ以来「足りないのではないか」という観念に支配されていたようです。

    催乳が希望と言いますが、必要があるとすれば量よりも母乳の質の向上でしょうか。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    高度な手技とは HOME 予約の変更 仏の顔も三度まで
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]