忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2018/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    私は以前、個人病院ではたらいていました。

    外来の理学療法が主な仕事で、毎日本当に多くの患者さんに対応していました。

    助手の期間も含め、7年程度在籍していましたが、その間に担当していた患者さんで、何らかの理由でお亡くなりになれれたのは1名だけでした。

    私は開業以前までは、鍼灸は「死」からはいささか距離のある、病気なら「初期の段階」に対応するものだと思っていました。

    しかし、現実はそうでもありません。

    毎年のようにかなり深刻な相談がよせられ、引き受ける場合には、鍼灸にできることをきちんと理解していただいた上で対応させていただいております。


    さて、たとえば癌など余命宣告をうけたような場合には、代替療法などに活路を見いだす傾向があります。

    そのような中で「鍼灸」も選択枝になってくるのでしょうが、そのような状況に至っては「特定の苦痛の緩和」などに限定した場合に効果があるといえる範囲だと理解しています。
     

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハリポ鍼灸室の「ある一日」 HOME 高プロラクチン血症と甲状腺機能低下症
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]