忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    不妊症の鍼灸治療は、どのように効果が上がっているのか、その判断がしにくいものです。

    例えば、痛みの治療なら、痛みが緩和されるとか、動作が楽になるなどといった、自覚症状の変化を感じますが、不妊治療の場合に自覚症状の変化といった要素は少ないものです。

    経過において、結果がみえる一番の窓口は基礎体温です。

    基礎体温の低温期、高温期の変化がハッキリとしてくるとか、高温期が必要な日数だけ継続できるようになるなどの傾向がでてきます。

    基礎体温でこのような変化を確認するのは3ヶ月目くらいからであることが多いと感じています。


    その他の変化は、病院の受診によって分かる場合がほとんどです。

    先日もこのようなケースがありました。


    OHSS 卵巣過剰刺激症候群で、腹部などに浮腫がおこり、状態が改善するまで、しばらく不妊治療を休止しているケース。

    病院での治療が休みの期間を利用して当院にて毎週1回鍼灸を施術。

    鍼灸8回の施術後、婦人科を受診したところ、OHSSの所見が改善。想定していた休止期間が大幅に短縮された。

    担当の医師も、なぜこんなに早く改善したのか驚いていたとのこと。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝方に痛む HOME 骨密度と腰痛
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]