忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    精子というと、丸みを帯びたX染色体の精子と、流線型のY染色体の精子の2種くらいしか思いつきません。
    ご存知のように、X染色体なら女の子が誕生し、Y染色体なら男の子が誕生です。


    でも、本当はそれぞれに、もっと巧妙な様々な役目があるようです。

    射精された精子は、その機能面から3つの群に分けられます。

    守備の役目を持つ精子群
    攻撃の役目を持つ精子群
    実際に卵子に向かい受精を受け持つ精子群


    守備の精子群は、今回の射精中でも比較的以前に誕生した古めの精子群で、奇型や運動能力の劣る精子群です。
    これらには腟内、あるいは、子宮頸部に堰をつくり、後から来るかもしれない「よそ者」の精子をブロックする働きがあると考えられるようです。

    攻撃の精子群は、卵子に向かう精子群を護衛するかのように振る舞い、自分の仲間の精子群と、
    あるかもしれない(よそ者の精子群)を見分ける能力があり、万一よそ者の精子がいた場合には、これを攻撃し死滅させる役目などを担っているようです。



    さて、射精された精液は、最初はドロッとして粘度が高い状態ですが、数分でさらっと液状になってきます。

    その理由としては、次の仮説が有力そうです。

    射精された精子は、古めのものから順に出てきます。
    古めのものは運動能力の低めで、最後尾に来るべき群です。
    上記でいう守備群ですね。

    そして射精最後ほど新しく元気な確率が高い。
    これは最前列にくるべき群です。

    いわば前後が逆の隊列で射精された精子が進軍に備え、理想のフォーメーションを形成するまでの時間が必要だということらしいのです。

    ここまで知って思うのは、私達が想像する以上に、「巧妙なことがおこなわれている」ということでしょう。

    話はさらに続きます。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハリポ鍼灸室 別冊ブログ HOME 血糖値と妊娠
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]