忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2018/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    当院は、多少説明の難しい場所にありますので、初めての方は道に迷う場合があります。

    ですから、電話で説明する場合には明確なポイントを説明しています。

    「○○の交差点をご存じですか?」

    「はい 知っています」

    「では、そちらから来た場合には、それを左折してください。左折したら信号機を数えてください。4つめの信号機をもう一度左折していただきます。」


    信号機を4つ数えて曲がる。このシンプルなことができない人がいます。

    迷う方は、4つ目の信号機を確認しながら、それを曲がらずに通り越すか、なぜかその手前で曲がっている。

    そして、電話を入れてきます。

    「迷ったのですが」

    「4つめの信号は分かりませんでしたか?」

    「3つ目で曲がったのです。」

    「では、戻って、4つ目を曲がってください。」

    「そうしてみたのですが、迷っています。」

    「では、今何がみえますか?」

    「4つ目の信号を通り越したところの橋がみえます」


    意味不明です。

    なぜ説明通りに4つ目の信号を曲がらないのでしょうか。

    意図せず迷っているのではなく、あえて迷っているとしか言いようがありません。

    さらに、ほとんどの場合、大幅に予約時間に遅れている。

    普通に迷った人は、予約時間の直前に迷った連絡が入ります。

    しかし、このタイプの人は、予約時間から10分から20分経過したころに連絡がはいります。

    これまでの経験から、このタイプの人は、話の理解力や判断力が独特なのだと思います。


    治療にはお互いの信頼関係が必要です。

    また治療を受ける患者にも一定の能力が必要で、話の理解力なども重要な要素と言えます。

    このタイプは当院として受入不可と言わざるを得ません。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    妊婦の頸椎捻挫(追突事故によるむち打ち損傷) HOME 二人目不妊の妊娠報告
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]