忍者ブログ
鍼灸師ハリポのコラムです。開業鍼灸師としての日常や、週1勤務の産婦人科での経験を。
2018 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2018/04 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [10/01 ともつん]
    [11/09 三節]
    [08/15 三節]
    [07/24 ともつん]
    [06/05 ともつん]
    プロフィール
    HN:
    haripo
    性別:
    男性
    職業:
    鍼灸師
    趣味:
    ボディーワーク研究
    自己紹介:
    開業鍼灸師として20年。治療の枠をこえ、よりよく生きるために心身のあり方について日々模索中
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    多嚢胞性卵巣症候群および高プロラクチン血症で病院での不妊治療と、鍼灸の治療を併用していた患者さんがいました。

    およそ半年間の治療を行いましたが、基礎体温のグラフは理想な形にならず、むしろ、グラフの形状が悪くなっていると自己申告するので、患者さんと話し合って、治療を中断して様子を見るという選択に至ったケースでした。

    それから1年くらい音信不通でしたので、どうしたか時々気になっていましたが、先日、なんと赤ちゃんを抱いてひょこり来院。出産したので挨拶にみえられたのです!。

    話を聞いてみると、「鍼灸の治療を中断しましょう」という話の直前に人工受精を受けていたのですが、実はそれが成功していて、結果的として中断ではなく、治療完了だったというサプライズな顛末。

    このケースは教訓になりました。

    基礎体温のグラフへの重み付けです。

    グラフが改善してこない症例でも、もっと多角的に状況を考え、治療の継続や中断の判断をしなければならないと気持ちを新たにしました。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    二人目不妊の妊娠報告 HOME 予約状況について
    Copyright © 凛として爽やかな心身のために仕事してます。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]